ゆるい減塩生活をつづるブログ

夫のために作っている減塩食の記録。私と娘(9歳&3歳)も同じものを食べてます。目標は1日塩分6g。日々作り続けている減塩食をつづります。

2018年2月25日の献立 と 妻不在のときの塩分量の話

24日、25日と夫は泊まりでおでかけです。

25日の夕食だけ作っておいてほしいということでしたので作っておきました。

夕食

f:id:ushio-salt:20180303130620j:plain

・アジフライ 塩分0.06g※パン粉の塩分のみ

パン粉100gで塩分量1.1gと明記されていました。

4人分でパン粉25g使ったので、パン粉25g分の塩分は0.275g。0.275÷4人分≒0.06g

アジには下味も何にもしていません。ウスターソースをつけようと思っていましたが、つけるのを忘れていたようです。

・キャベツと人参の千切り 塩分0.4g

ジャネフのノンオイルドレッシング10ml1袋(塩分0.4g)をかけていただきます。

・カットトマト 塩分0g

・中華スープ(大根・大根葉・しいたけ) 塩分0.5g

創味シャンタン小さじ1(塩分2.0g)+水400mlで具を煮ます。4人でわけて、1人分0.5g。

・豆腐 塩分0g

近所でイベントがあって、そこに出店していたお豆腐屋さんのお豆腐を試食したらおいしかったので買いました。

何にもかけてないのに、塩味が効いてて甘い!長女が「この豆腐甘いね!」と何度も。

表示をみても、塩は入っていない。

お豆腐屋さん曰く「本物のお豆腐はこういう味なんだよー」と。

少し距離がありますが、実店舗にも買いに行きたいです。

・白米200g

夕食 塩分量0.96g

 

 1日の塩分量0.96g+外食

 

私のいない外食時の夫の食事にはほとんど口出しをしていません。

「私のいない外食」というのは、私のリフレッシュのために子どもたちと夫だけでおでかけしてくれるときの食事や、夫の趣味で長距離ドライブに出かけるときに食べている外食、仕事で出張の時の食事などにあたります。

 

なぜなら私の仕事は

「夫が食べる食事の塩分量を考えて、献立を立て、提供すること」だけだ と考えているからです。

 

お金を持たず大人と一緒に行動するだけの未就学児とは違い、

夫は自分でお金を持って自由に行動できる成人ですので

私が見ていないところで塩分の多いラーメンを食べて素知らぬ顔で帰宅することもできるわけです。

 

(ラーメンが好きでないので食べないとは思いますが。あ、でもギョーザ好きなのでギョーザは食べてるかな。)

 

いちいち、「今日何食べた?塩分チェックした?」などと聞いても

ウザがられたり本当のことを言わないことだってあるでしょう。

なんのための塩分制限なのか、自分が自覚していれば

こちらがあれこれ言わずとも自分で考えて行動するでしょ!

と半ば突き放している感覚ではあります。

 

妻が夫のことをぜーーんぶ把握して管理するなんて不可能!

 

最初のころは「何食べたらいいのかわかんない」と言っていたので

「外食・デリカ・コンビニのカロリーガイド」という本のポケット版を探して購入し、読んでもらっていました。(今はもう全然読んでません。。)

 

参考になったのかわかりませんが、

こどもたちとマックに行ったりなんかするとポテトと塩ぬきにしてもらうようですし

ファミレスに行くときはメニューの塩分量のところを参考程度にちらっとみている様子もあります。

 

腎機能が悪化するようならもっと厳しくしていかないといけないですね・・・

 ただ、おかげでゆるーく長ーく減塩生活が続いているのかなぁと思うところもあります。

何事もキチキチ完璧を目指すときついですね。